不動産の取引|不動産売却するなら高額を目指す|住宅ローンの支払いもスッキリ

不動産売却するなら高額を目指す|住宅ローンの支払いもスッキリ

女の人

不動産の取引

空き部屋

不動産の所有者の言い分が全てではない

不動産の取引をするためには、不動産を所有しているオーナーをまず探さなくてはいけません。しかし、個人の情報がきちんと管理されている現在では特定の物件のオーナーを探すことは難しいことだと言えます。そこで、現在では仲介業者を利用した不動産の売買が主流となっているのです。不動産の売買をするときには必ず仲介業者を通してお互いに紹介してもらうことになります。ポイントなのは、購入する人も売る人もお互いに紹介をしてもらうという点です。仲介業者を利用しているのは、何も不動産を買おうと考えている人だけではないのです。不動産を売ろうと考えている人も同じです。お互いに仲介業者に紹介をしてもらうわけですから、その利用に関してかかる費用については一方の言い分を全て受け入れる必要はありません。

仲介手数料には宣伝や広告費も含まれている

仲介手数料に関して不動産を購入する人が理解しなくてはいけないのは、その費用に不動産の広告費や宣伝費も含まれていることです。そもそも、仲介手数料に関しては契約が成立する前に費用を支払う必要はありません。契約が不成立に終わった場合には業者から金銭を要求されても一切支払う必要はないのです。これは、不動産を買う人と売る人を問わずに当てはまることです。仲介手数料を支払う必要があるのは契約が成立したときで、このときに初めて物件を紹介してもらうときにかかった費用を計算するのです。所有者のこの費用の中には諸経費が含まれているのですから、これを購買者が支払うのは理に適っていません。そのため、仲介手数料を所有者に対して支払わせることもできることを覚えておきましょう。