登記手続き|不動産売却するなら高額を目指す|住宅ローンの支払いもスッキリ

不動産売却するなら高額を目指す|住宅ローンの支払いもスッキリ

女の人

登記手続き

メンズ

相続不動産売却を行う際には、その不動産の相続登記を済ませておく必要があります。現実的なことを考えると、売買による所有権移転登記をする際に、その前段階の登記として相続による所有権移転登記を同時に行うという方法を取ることができます。どうせ不動産売却によって新しい所有権者の物になるのだから、短期間だけその所有名義人になる者への所有権移転登記などする必要がないのではないかと考える人もいますが、後日の無用なトラブルを避けるために、権利移転の実態を正しく反映した登記記録にしておくことが求められています。相続登記を飛ばした中抜け登記をすることはできませんので、注意する必要があります。また、死者の名義のままになっていると、買主に信用してもらえない可能性が高いので、あらかじめ相続登記を済ませておくようにした方がよいでしょう。

相続税の支払いにあてる目的で不動産売却を考える人が多いですが、相続不動産売却の専門業者を利用するようにした方が何かと便利です。普通の不動産業者に仲介を依頼することもできますが、希望する時期までに確実に物件を売却することができるという保証があるわけではありません。その不動産を欲しいという人が現れない限り売ることはできませんので、ある意味で当然のことです。しかし、良い買主が現れるのをずっと待っているうちに、納税期限が到来してしまう可能性があります。期限ギリギリになってしまってから、物納だ分納だと騒いでみても、手続きを間に合わせることができない可能性が高いです。でも、相続不動産売却専門業者であれば、買取サービスも提供していますので、安心して任せることができます。